工事現場の見学会
b0288942_10223637.jpg

今朝は湾港沖にある防波堤へ、港湾改修工事の見学会に行ってきました。
見学会資料の航空写真、丸で囲った場所がその防波堤。
今日ははるばる奄美大島の瀬戸内町から、大きなコンクリートの箱ケーソンが到着。
そういえば、奄美で湾港の工事に使われるケーソンを、前にアップしてます。
ケーソンを運ぶ様子もアップしてます(笑)
そんな以前から興味のあった工事現場の見学へ、念願かなって行けたのです。

b0288942_10291722.jpg

防波堤は上に見えてる部分は四角いコンクリートだけですが。
その下には石が積んであって、家を建てる時の基礎と同じような部分があるそうです。
その上にコンクリートの箱(ケーソン)を設置し、防波堤となるわけです。

b0288942_1034289.jpg
b0288942_10344255.jpg

ちなみに海底での石を均す作業は人力。
今まさにNHKの連ドラあまちゃんで出てる潜水士のお仕事が、このような工事なわけです。
とても体力を使う仕事で、潜水時間も水深によって厳しく定められている重労働。
最近は潜水士の数も減ってきているそうです。

b0288942_10393119.jpg

今回運ばれてきたケーソンがこれ。
水上に見えてる部分は6mくらいですが、水の中に沈んでいる部分を合わせると20mの高さ。
そして、幅24.9m長さが16mと巨大な箱。
7階建てのビルくらいの大きさと言えば、その巨大さが想像できるでしょうか。
これを海に浮かせて船で引っ張って運んでくる、それだけでもすごい!
水で沈める作業をしてる方々がいますが、なんせ浮いてる状態なのでかなり揺れてました。
ゆらゆらする中での作業、酔ったりしないのかな(汗)

b0288942_10431319.jpg

海に浮いたケーソンに水を入れている様子。
灰色の太いホースで入れています。
私達が防波堤に到着して帰るまでの1時間足らずの間でも、だいぶ水の重さで沈みました。
この後、水を入れて沈めたケーソンがしっかり定位置に置かれたら、石を入れコンクリートを打つ。
海での作業なのでその日の天候、海の時化などに大きく左右されるそうです。

b0288942_10424932.jpg

さて、一番のお楽しみは沖防波堤からの眺め。
防波堤から湾港まで780mもあるそうですが、すぐ近くに感じました。
海上っていうのは距離を短く感じるものだそうで。
湾港から防波堤へタグボートで行く時帰る時、結構時間がかかりました。

b0288942_1058199.jpg
b0288942_10581022.jpg
b0288942_10582117.jpg

工事をされた建設会社の方の説明も興味深く、話を聞くのに夢中で思ったより写真は撮ってないーーー。
もう2度と行けないはずの沖防波堤なのに、うっかりだ(笑)
でも憧れの工事現場へ行けて、それだけで十分いい経験です。
このような貴重な見学会を行なって下さった、建設会社の方々に感謝!


鹿児島県 ブログランキングへ
[PR]
by chico716 | 2013-05-10 11:07 | 風日記

喜界島から薩摩川内市へ引っ越ししました 川内情報に加え、島からの便りがある時は喜界島情報も発信します     管理人しんこ
by しんこ
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
きかいじまダイアリー終了のお..
at 2015-08-01 06:00
見えてますか?ブルームーン
at 2015-07-31 20:40
佐世保から来たじんつう
at 2015-07-31 09:50
ホオジロ親子
at 2015-07-30 21:54
気になってたこと
at 2015-07-30 09:40
検索
ブログパーツ
ブログジャンル
自然・生物
九州