タグ:イベント ( 2 ) タグの人気記事
夏祭り
b0288942_1016473.jpg

喜界町夏祭り2日目の昨日は、湾漁港にてフィネンカー競漕がありました。

b0288942_10172770.jpg

旦那さん職場チームも参戦。
練習の様子を見に行きましたが、本番の昨日が一番速く漕げてた気がしました。
っが、予想通り残念ながら固定舵部門予選敗退(笑)

b0288942_1021415.jpg

このフィネンカー競漕、折り返し地点でのUターンが勝負の鍵のような気がする~。

b0288942_102369.jpg
b0288942_1023195.jpg

予選からぱっと見どこが1番か分からない接戦が続きました。

b0288942_1026582.jpg
b0288942_10261681.jpg

女性だけのチームも3チーム参加して、いきなりの決勝戦。
手前の徳洲会チームが優勝しました。

b0288942_10272251.jpg

そして、決勝戦は高いところから観戦(笑)

b0288942_10282255.jpg

固定舵の部決勝、ほぼ同時のターンでやはり大接戦です。

b0288942_10301594.jpg

優勝は紫色の船に乗った、荒木中高生チーム。
世界水泳でも18才の瀬戸選手が400メドレーで金。
同じく18才の荻野選手が400の自由形と200メドレーで銀っと、若い人の活躍が目立ちました。
喜界島の夏祭りでも、若い人が大活躍です!

b0288942_10344616.jpg

続いて手舵の部もほぼ同時のターン。

b0288942_1036051.jpg

接戦を制したのは上嘉鉄チームでした。
喜界島に来て1年目のフィネンカーは、途中から対岸の砂浜で遠目に見てました。
去年は中止で、今年初めて最初から最後まで(途中移動で見逃したけど)観戦。
旦那さんチームが敗退してからは、ほとんど知らない人ばかりなんだけど面白かった♪
アナウンスで、昔は船漕ぎの上手い人がもてたとかなんとか言ってましたが、ホントかっこよかったです。

b0288942_10471344.jpg

そして、フィネンカーの決勝前にあった漁船パレードは、場所を移動して見てました。

b0288942_10482729.jpg
b0288942_10484131.jpg

大漁旗をはためかせて入ってくる漁船、かっこいいな~。
あ~ホントはあの船の上にいる予定だったんだけど…。
フィネンカーの予選を見てるだけでぐったりで、万一船上で具合悪くなったら大変と諦めました。


iPhoneで動画も撮ってみたけど、ちょっと遠かったな。
アップロードに40分もかかったのに、残念です(笑)

b0288942_10552622.jpg

最後に祭りの締めくくりの花火。
案の定、フィネンカー観戦から戻って発熱^^;
今年は家のベランダから眺めておりました。
熱で頭痛くても見逃せない、年1回の大イベントですもんね♪


これまたちょこっと動画を撮ってみました。

この夏はホントばてばてでありまして…。
今年こそは当てるぞビンゴ!って思ってた、一昨日のほこてんは行きませんでした。
今までちゃんと観戦できなかったフィネンカーだけはっと、気合入れて出かけたら発熱(笑)
体力のなさ、お恥ずかしい限りです^^;
しかし、、、雨が降りませんねー。
少し降ると過ごしやすくなるのではないか?って期待してるのですが…。
今日は雲が多いので、恵みの雨が降らないかなって願っています。


鹿児島県 ブログランキングへ
[PR]
by chico716 | 2013-08-05 11:07 | 風日記
行ってきました、ウミガメミーティング
b0288942_2132710.jpg

今夜は18時から、ウミガメミーティングへ行ってきました。
奄美海洋生物研究会の興克樹さん、水野康次郎さんが来られて、奄美群島におけるウミガメ保全の取り組みなどについて
冗談も交えながら楽しくお話をして下さいました。
このウミガメミーティング、喜界島では初めての開催。
毎日ウミガメに癒されてる私にとっては、まさに「今でしょ!」のタイミングでした(笑)
湾の海岸で毎日ウミガメを眺めてて、疑問に思うこともいっぱい。
今日はいろいろなことを教えて頂いて、今後のウミガメ日記も一層パワーアップできるかも?
(このきかいじまダイアリーのウミガメ日記も紹介して頂いて、嬉し恥ずかしでした 笑)

b0288942_21513356.jpg

4月22日にアップしたウミガメの交尾シーンなども、やはり貴重な体験だったようで。
こんなめったに見れないものが、船がすぐそこに止まってる身近な漁港で見れる。
そんな喜界島の自然に恵まれた環境、やっぱすごーいと再認識いたしました。

b0288942_2159089.jpg

一番知りたかったウミガメの個体の識別についても、今回教えていただきましたよー。
それはこのウミガメの横顔が写った写真が大事!
ウミガメのほっぺたのところの模様は個々違うそうで、それを見比べて識別することが可能だそうです。

b0288942_2255592.jpg

このメス(下の個体)がどこで産卵するのかも気になるな~。
同じほっぺたの模様を持ったウミガメ、見つけたら教えてくださ~い(笑)
ちなみにイルカは背びれ、クジラは尾びれの形や傷なんかで、識別したりするそうです。

b0288942_22114185.jpg

小野津で赤ちゃんカメの放流を見に行った時、ウミガメのお話を聞かせて下さった濱川さんも、喜界島でのウミガメの上陸・
産卵などについてお話してくださいました。
喜界島の主な産卵場所は、小野津、塩道、池治、志戸桶の海岸ってのは知ってましたが。
白水や坂嶺の方でも、上陸しているそうです。

b0288942_22322792.jpg

もしかしたら、この湾の砂浜にも上がってることがあるかも?!
こういう上陸・産卵の実態は数多くの情報が集まることで、様々なことがより詳しく分かって来るんだと思います。
近所の砂浜でウミガメらしき足あとを見つけたら、写メとか撮っておくといいかも~。
私も喜界島に暮らす間は、ウミガメのこといろいろここに記録しておこうと思います。
アカウミガメは奄美で生まれたものが、遠くメキシコの海まで行くそうで。
その距離約1万2000キロ!!
長い旅をしてメキシコまで行って、また戻ってきて産卵するんです。
なんか、そういう話を知れば知るほど、ウミガメ愛し♡になっちゃいますね(笑)


鹿児島県 ブログランキングへ
[PR]
by chico716 | 2013-05-18 22:41 | 生物日記
  

喜界島から薩摩川内市へ引っ越ししました 川内情報に加え、島からの便りがある時は喜界島情報も発信します     管理人しんこ
by しんこ
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
きかいじまダイアリー終了のお..
at 2015-08-01 06:00
見えてますか?ブルームーン
at 2015-07-31 20:40
佐世保から来たじんつう
at 2015-07-31 09:50
ホオジロ親子
at 2015-07-30 21:54
気になってたこと
at 2015-07-30 09:40
検索
ブログパーツ
ブログジャンル
自然・生物
九州